車買取でアタマが痛くなったら

あまりチラシ媒体で宣伝しない車買取の業界

車買取の業界では宣伝手法は主にネット媒体のようです。
他の宣伝手法があまり用いられていないのが、
その業界の特徴の1つだと思います。

 

この間私は、自宅のポストの中を見ていました。
至って日常的な出来事ですね。
ただその日の場合、ポストの中にある不動産業者のチラシが
投函されてました。

 

そのようなチラシはたいていモデルルームなのですが、その日の場合はちょっと違いました。
不動産売却のチラシだったのです。

 

つまり持っている不動産物件を売りませんかというチラシが、
私の自宅のポストに投函されていた訳ですね。
ある大手の不動産会社によるチラシでした。

 

ところでそのチラシのポイントの1つは、「売却」という点ですね。

 

人々から不動産の物件の買取を行っている訳です。
同じ「買取」でも、車の場合はそのようなチラシをあまり見かけませんね。
少なくとも私の家の場合は、車買取業者によるチラシ投函の枚数はほぼゼロです。

 

ただ人によっては、たまに投函されている事もあるそうですね。
現に最近もある車買取の業者が、チラシを配っていますと公式サイトにて明示していたのですが。
ですので、稀に投函されているようです。

 

しかし少なくとも不動産売却のジャンルに比べれば、
そのようなチラシが投函されている事は少ないのかなと思います。
そうでなければ私の家のような状況になっていないでしょう。

 

不動産売却と車買取はシステムが非常に似ているのですが、
その2つの業界の宣伝手法は大きく異なる訳ですね。
車買取という業界はチラシ媒体というよりも、むしろネット媒体の方が主体だと思いますね。

 

特に最近では、一括査定のバナー広告などをよく見かけます。
車の買取り業者としても、ネット媒体の方が効率が良いと思っているのかもしれません。